ココカラ堂の主・ママぞうのブログ

心と体の話を聴く場所ココカラ堂の日常、思い。fureruセラピーや月経力、ベビーマッサージの話も。

【ご案内】ココカラ堂について

★ココカラ堂ホームページ http://mamazou.chu.jp/

ココカラ堂には心とからだの話を聴く「セッション」と
       心とからだの両方にふれる人を育てる「スクール」があります。
  ☆セッションについて
  ☆fureruセラピスト資格講座について
  ☆月経アドバイザー資格講座について

スクール、講座、出張のお問合せ・お申込みはこちら
  ☆お問合せ・お申込みフォーム
セッションのご予約のみこちらから
  ☆セッション専用ご予約システム

twitter @mamazou3

2014年1月よりベビーマッサージママぞうとココカラ堂を統一し、

ココカラ堂としてスタートしました。

(これ以前の活動については、元のブログ「ママぞう日記」をご参照ください。)

公家シンジファンであることを表明します。

公家シンジくんの香港ナンパツアーレポートを読んだ。

 

公家シンジという人はナンパ師で、
最近は「ナンパツアーディレクター」を名乗っている。


その肩書きはともかくとして、わたしから見ているシンジくんは、
「自他とのコミュニケーションを通じて、自分とも他人とも向き合い、その葛藤や成長、生き様そのものを自己表現しているアーティスト」だ。

ナンパは、適職を見つけた人の多くと同じで、出会ったツールの中で最も自分に適している手段なのだろうと思う。


わたしは、シンジくんのファンだ。
正確に言うと、シンジくんの文章のファンだ。
文章には必ずその人そのものが出てくるはずなので、つまりはシンジくんのファンといっていい。

シンジくんの文章は、一言で言うと、
「ノンフィクション純文学」かな、と思う。

自分の内側で起こったことを、
事実として表現することが、たまらなく巧い。
ノンフィクションというと硬派になりがちなところ、
内面にフォーカスした純文学に昇華させる、そのセンスがたまらんのだ。

 

わたしが好きな文章は、

「シンジくんは今まで一度も私の乳首を舐めたことがない」と彼女が言った - 性とナンパについて渋谷で考えた

この記事を含む、彼女さんとのあれこれと、

qqilleのインタビュー(29件) - 「qqilleのインタビュー」 - ザ・インタビューズ

これら一連のインタビュー達。

 

数年前から、ふとしたきっかけで、
ナンパ師さん界隈のツイートやブログなど、ちょこちょこ読ませてもらっているけれど、
不思議なことに皆さん、ナンパという「出会い」にフォーカスされていて、
その後の「継続」「変化」にはあまり触れない。

ナンパ師さんのブログを読んでいると言うと、
わたしのまわりの一般的な反応は、
「チャラい人達の軽そうな文章」を想像して、嫌悪されたり笑われたりするのだけれど、そういう人達にこそ読んでほしい。

いわゆるナンパをする人々は、確かに「女をモノ扱いして、セックスを目的として、モテることを目標として、いやそんなことすら考えず本能のままに貪っているチャラい若者」が多いのかも知れないけれど、そういう現場に属したことがないわたしはそんな人達を全然知らなくて。

むしろWEBで見る限りは、「人とコミュニケーションをとるのが苦手だったり、得意であってもそこに何らかの課題を抱えているからこそ、そこに取り組み続ける人々」が、わたしの知るナンパ師なのだ。

ものすごく真剣に、コミュニケーションと自己の課題に取り組んでいる。

だから不思議なのだ。
この人たち、どうしてその先に興味がないのだろう、と。

こんなに「人」に興味を持つ人々ならば、
もっとセックスそのものから起きる自己の変化を追求していってもいいのに。


シンジくんは、そこに現れた救世主?じゃないな、なんていうのかな、期待の新人?でもないけれど、とにかく彗星のごとく現れたのだ。
セックスから内面の変化を感じ取り、探求し、表現する人として。


だからわたしは魅了され、ファンになった。

今回の香港ツアーレポート。
このクラウドファンディングを支持すると読めるリターンとしてのレポート。

正直な感想を言うと、ライブ感はあったし写真の効果かヘリコプターで現地を追うような疾走感も感じた。

でも物足りない。もっと読みたい。
これは、あらすじストーリーでしょ、と。
そのとき、シンジくんの中では何が起きていたの?と。
香港ツアー全部なんて追わなくていいから、
ほんの1時間とか1日とかにフォーカスして、そこでシンジくんの中で起きていたことを長々と読みたい。

 

これは報告しなくてはならなかったから綿密に追いかけたけれど、
本当はこの先がもっとあるんでしょ。

 

という勝手な思い。

これを書く、というのが今のシンジくんの状況で、
以前のようには文章を書けない、というのもそれが彼のノンフィクションなのだから、
ファンとしては、どんなときもしみじみ「好きだなあ」を味わって、応援し続けよう。

個人的には、今回のレポートの文章で1番好きだったのは、

ランカイフォン。
ランカイフォン。
海底世界を想起させる響き。

 というところ。

繰り返す技法は、詩的なシンジくんの真骨頂。

 

そうだ、あと今回のナンパツアーもう一人の主催者であるクラトロさんのレポートも読ませてもらったけれど、両方読めてよかった。
同じツアーを、2人の視点で追うというのは面白いね。
違う人の視点が入ることで、シンジくんに起きたことは確かにシンジくんだけのものなのだ、ということが浮き彫りになった。

クラトロさんの文章を読んだのに、完全にシンジファン目線の感想でごめんなさい。

これからもシンジくんの生き様を見させてもらうこと楽しみにしています。

今日、娘がいない。

今日、娘がいない。

離婚して6年。
娘が3歳のときから、
ときどき娘はパパの家に泊まりに行く。

その間は連絡をとらない。

小学校に入学したとき、
働いているわたしとの連絡用に、
携帯電話を持たせ始めた。

でも、娘はその携帯電話をパパの家には持っていかない。

「どうして?」と娘に尋ねたら、
「持っていたら、ママからの連絡を待っちゃうから」
と答えた。

パパの家にいるのに、
携帯電話を持っていたら、
ママからの連絡が気になってしまう。
だから、携帯電話は持っていかない、と。

甘えんぼなんだか、
潔いんだか。

そんな娘が、今日はいない。


パパの家ではなく、
ときどき参加している子どもの集まりの、
お泊りイベントで出かけている。

そしたらあの子、携帯電話を持って行った。

夕方、最初のメッセージが届いた。
「楽しくやってるよ!」
さっきは2通目のメッセージ。
「ベッドでーす」

こんなの初めてだ。

わたしが出張で出かけているとき、
留守番している娘から入るメッセージは、
「早く帰ってきてね」
「さみしいよ」
いつも早く帰ってきてほしいメッセージばかり。

でも今日は違う。
「楽しくやってるよ」

娘が、わたしに楽しいって報告している。

そして、つい先日、
娘と交わした会話を思い出して、ハッとした。
テレビドラマのメールの場面を見ながらの会話だった。

わたし「何でもないメールっていいよね」
娘「どうして?」
わたし「だって、何にも連絡がないと、どうしてるかなあって思うじゃん。でも、『着いたよ』とか連絡もらうと、ああ着いたんだなあって安心できる」
娘「ふうん。連絡ないと心配なの?」
わたし「まあ、大丈夫だとは信じてるけどね、連絡あると安心するよね」

という、何気ない会話。

あれを、娘は覚えていたんじゃないのかなあ。

だから、今回、何も催促していないのに、
「楽しくやってるよ」って、
連絡くれたんじゃないのかな。

そう思ったら、泣けてきた。

自分が留守番のときは、さみしいさみしいってメールしてくる子が、
パパの家に行くときには、ママからの連絡を待ってしまうからって携帯を置いて行く子が、

ママが留守番の日に、自分から携帯を持って行って、
自分から「楽しくやってるよ」って連絡してくれる。

なんか、大人になったんじゃないの?
留守番しているママのこと気遣うくらいに、成長しちゃったんじゃないの?

もしかしてわたし、幸せなんじゃないの?

f:id:futtemo:20141018123425j:plain