ココカラ堂の主・ママぞうのブログ

心と体の話を聴く場所ココカラ堂の日常、思い。fureruセラピーや月経力、ベビーマッサージの話も。

あのときの自分が欲しかったもの。今の自分が欲しいもの。

5年前、ベビーマッサージの資格を取ったとき、
この技術と知識と恩恵を、誰に向けて届けたいか考えた。

 

通常、ベビーマッサージ教室は平日の昼に開催する。
参加者さんは主に、専業主婦のママか、育児休暇中のママだ。

 

でも主催しているわたしは、シングルママで働く母。
ベビーマッサージ教室も仕事。
参加者さんは仕事ではなく、趣味や習い事のように(もちろんそれだけでなく大事な意味を持って)来てくださるが、
わたしはベビーマッサージ教室という仕事で、平日の昼に働いている。

 

そして、このベビーマッサージを誰に届けたいかと考えたとき。
「わたしみたいな人に」届けたいと思った。

 

ふれることで、心がつながるベビーマッサージ
ふれることで、不安が安心に変わるベビーマッサージ
短い時間しかいられないからこそ、濃い時間を必要とする人達に。

 

働くパパやママ。シングルパパやママ。

 

それで5年前は「シングル限定ベビーマッサージ」や「日曜ベビーマッサージ」を開催していた。

 

でもそれは、自分自身のコンプレックスだったんだ。
「シングルだから・・・」
「平日は仕事で一緒にいられないから・・・」

 

そこがわたしの傷だったから、
その傷を埋めるような仕事を産みだしていた。

 

わたしの仕事は、わたしのために。
わたしが欲しい講座を、わたしみたいな誰かのために。

 

そうやって仕事を作るから、
自分がその傷を克服すると、また次の場所に行く。

 

それこそたっぷりさわって、
わたし自身の傷は癒されたから。

 

シングルとか働いているとか、そんなことはただのレッテルで、
わたしの価値も本質もそんなことでは何も変わらない。



それがわかったから、シングル限定とか日曜だとか、そんなお教室は要らなくなった。
うーん、あのときのわたしが必要としていたのだから、今も必要としてくれる人はいるのかも知れない。
でも、それは傷をなめるような講座だったとわかったから。
わかった以上、もうその講座はやらない。

 

求められたらやるのかも知れない。
それはわからない。
でも自分からはやらない。

 

自分からやる講座は、いつでも「今の自分が欲しい講座」

 

「こんな講座が欲しかった!」
と、思わず膝を打つような。
そんな講座を産みだします。

 

今、作っている講座は、
fureruセラピスト資格講座と、
月経アドバイザー資格講座

 

ベビーマッサージを5年やってきて、
赤ちゃんは大丈夫だってわかったから。
ふれるべきは、ママなんだ。
ママに寄り添えるセラピストを。
身体だけでなく、心にふれるセラピストを。

月経力(月経血コントロール)も3年やってきて、
大切なのは方法でなく、その人が楽に過ごせるかどうかだって思うから。
その方法のひとつとして月経力は提示するけれど、それは選んでもらえばいい。
何を選べばその人が楽になるか。
そこに寄り添えるようなアドバイスを。
選ぶのはその人自身だから、選べるようなお手伝いを。

そういう思いで、今のわたしが欲しい講座、作りたい講座を作っています。
わたしみたいな誰か、わたしの思いに共感してくれる誰かに届きますように。

fureruセラピスト資格とは
月経アドバイザー資格とは
0期生募集のお知らせ

全てのお問合せ・お申込みはこちらから。
お問合せ・お申込みフォーム