ココカラ堂の主・ママぞうのブログ

心と体の話を聴く場所ココカラ堂の日常、思い。fureruセラピーや月経力、ベビーマッサージの話も。

修了証のデザインを絵本作家の松村真依子さんにお願いしました。

ココカラ堂資格スクールの修了証デザインを、
絵本作家でイラストレーターの、
松村真依子さんにお願いしました。

ああもうドキドキ。
どんな絵が、どんなデザインの修了証が仕上がってくるのでしょうか。

真依子さんの絵と出会ったのは、
昨年、経堂のウレシカで開かれていた真依子さんの個展でした。

「きょうはもうねます」という絵本の原画の展示。
f:id:futtemo:20140208153959j:plain
偶然立ち寄ったお店で出会ったその絵本が、
家に帰っても忘れられず、
翌日買いに行きました。

結局、会期中に4回くらい通ったのかな。
真依子さんにお会いすることもできて、
ご縁がつながりました。

真依子さんは、
2009年度ボローニャ国際絵本原画展に入選なさっています。
そして今は、お二人の娘さんのママ。

わたしが真依子さんの絵の何を好きかというと、
その絵が、真依子さんそのものだから。

繊細で温かくて、迷ったり傷ついたり、寂しかったり。
でも確かに芯にある強さ、しなやかさ、
それさえあれば大丈夫と、どんな心細い夜にも朝が来るような。
ぽかぽか温かい光でじんわり心が照らされるような。

そんな真依子さんの描く絵が、
真依子さんそのものだと感じるから。

だから今回、どうしても真依子さんに修了証を描いてほしくてお願いしました。

わたしがココカラ堂で届けたいことって、こういうことだなって。
誰に届けるかと言えば、真依子さんみたいなママに届けたいし、
何を届けるかと言えば、真依子さんの描く絵のような、温かさも切なさも両方ひっくるめたような思いを届けたい。

だから、ココカラ堂の資格スクールを終えて、
自分の道を歩き始める生徒さんたちに、
真依子さんの絵を持って、歩き出してほしいな、と。

そう思ったからお願いしました。

まだ、お願いしたばかりで、
どんな絵ができあがってくるかわかりません。

でも、どんな絵でもいいな、と。
この人から産まれてくる絵なら、
どんな絵でもいいな、とそう思えたので。

絵が上手な人は世の中にたくさんいて。
もちろん真依子さんもその中のひとりで。

でも、絵が上手なだけではなくて。。
この、ココカラ堂の、fureruセラピーや月経アドバイザーに込めた思いをわかってくれる人。
うーん、それ以前にわかるわからないじゃなくて、もうそこにそういう気持ちのある人。
そんな方だからお願いしました。

というわけで、既に受講を始めてくれている0期生の皆さん、
そしてまだ見ぬ1期生以降の皆さん。

ココカラ堂の授業を終えると、
こんな素晴らしいアーティストが、このために描きおろしてくれた作品が手に入りますよ。

なんかもう、修了証を手に入れるために受講してくれる人もそのうち現れるんじゃないかって気がします。
受講しないと手に入らない、松村真依子さんの作品。


さいごにこれ、昨日の打合せで真依子さんがくださったポストカード。
真依子さんの絵。
f:id:futtemo:20140208154159j:plain
真っ赤な頬の目を閉じた女性。その内側にぽっと灯る、お花の命、光。
まわりを囲む温かいものたち。
この絵を見ているだけでじんわりしてきます。

真依子さん、この仕事を引き受けてくださってありがとうございます。
ああ楽しみを通り越してドキドキ。

 

★ココカラ堂ホームページ http://mamazou.chu.jp/

ココカラ堂には心とからだの話を聴く「セッション」と
       心とからだの両方にふれる人を育てる「スクール」があります。
  ☆セッションについて
  ☆fureruセラピスト資格講座について
  ☆月経アドバイザー資格講座について

スクール、講座、出張のお問合せ・お申込みはこちら
  ☆お問合せ・お申込みフォーム
セッションのご予約のみこちらから
  ☆セッション専用ご予約システム

twitter @mamazou3