ココカラ堂の主・ママぞうのブログ

心と体の話を聴く場所ココカラ堂の日常、思い。fureruセラピーや月経力、ベビーマッサージの話も。

ひとりひとりへの伝え方

月経アドバイザー資格、2回目の授業でした。
0期生としてスタートしてくれているのは、今のところ1名。
マンツーマンでの開催です。
 
旬の金柑を食べながら真剣にメモをとっている生徒さん。
f:id:futtemo:20140212221930j:plain
このマンツーマンでの講座がとても濃い!
既に多くの知識と経験をお持ちの生徒さんなので、

 

わたし自身も刺激にも勉強にもなります。

やはり、何も知らない方に丁寧にわかるように説明するのと、
既に知っている方がより深まるような伝え方をするのでは、
遣う神経が違う。
どうやって話すか、次に何を話すか、ひとつひとつ真剣勝負です。
とは言え、笑ってばかりの楽しい授業ですが。

それにもうひとつの資格、fureruセラピストの授業では5人の生徒さんが通ってくれています。
そうすると5人5様の色がある。

この人に伝えたいことと、この人に伝えたいことが違う。
そういう場合の対応について、今考えています。

ひとりひとりに合わせた対応をするにはマンツーマン授業とするべきなのか、
でも一緒に学ぶ仲間がいるからこそ見える新しい視点、利点もたくさんある。

いろんな人がいる中で、資格としてどこにゴールを置くのか。
同じような人が育つよりは、その人らしさを活かしたい。

同じカリキュラムの中で、どう個別対応をしていくか。
その人の個性を活かした形で送り出すか。

そんなことを考える日々です。