ココカラ堂の主・ママぞうのブログ

心と体の話を聴く場所ココカラ堂の日常、思い。fureruセラピーや月経力、ベビーマッサージの話も。

江ノ島で月経力のお話会。子宮にかける言葉、自分にかける言葉。

江の島で「月経力を伝えるお話会」でした。
 
f:id:futtemo:20140222222434j:plain
 
samana yoga の yuco先生が呼んでくださり、
目の前に江の島と海が広がる最高にきもちいいスタジオで。
 
f:id:futtemo:20140222222452j:plain
 
集まってくださったのは、30名以上のヨギーニ達。
yuco先生のお人柄がそのまま、生徒さんたちにも溢れています。
「生理の自己紹介」というシェアリングから始まり、
和気あいあいとした中にも、向上心に満ちた、心地いい張りのある空気。

f:id:futtemo:20140222222513j:plain

生理の血をトイレで出すって簡単なんだよー、という話を、
トイレトレーニングに例えたり、
骨盤底筋群や子宮、骨盤の話からしてみたり。

f:id:futtemo:20140222222529j:plain
 
何でも自由に聞いてね、というわたしの願いが通じて、
排卵って何ですか?」という質問が飛んできたら、
小学校の視聴覚室を再現するような、
排卵と月経、受精の仕組みについて話してみたり。

あっという間の楽しい2時間でした。

f:id:futtemo:20140222222628j:plain
 
今回も「次の生理からトイレで出してみようかな、と思っている人は手を上げて」
と言ったら、全員が手をあげてくれました。

もうそれだけで大成功!

次の生理からやってみようと思っている、ということは、
みんな早く試したいから、次の生理早く来ないかな、と思っているということ。
そこまで思っていなくても、別に今日来てくれてもよくってよ、くらいの心境にはなっているはずで。

それって、これまで生理が来るたび「来ちゃった・・・」ため息ついていたことを思うと、
ものすごい変化。

これまで10年も20年も「来なくていいのに」「また来たの」と言われ続けてきた生理が、
「今日にも来ていいよ」「ていうか、早く試したいから、早く来て」と待ちわびてもらえる。

生理の気持ちになると泣けます。

子宮は自分の一部。
つまり自分そのもの。
その子宮に、自分そのものに、今までどんな言葉をかけてきたのか。

そしてこれからどんな言葉をかけるのか。

それが、月経力のお話会の大きなテーマです。
今回、皆さんからFacebookでいただいた感想を読んでいると、
トイレで出すやり方そのものより、子宮が自分そのものだということ、そこにどんな言葉をかけてきたか、ということに皆さんすごく目が向いたようで。

さすが、yuco先生のもとに集まる人々だなあ。
温かい心をもって、からだや内面と向き合う人々は、
やっぱりそこに目が向くんだ。

さいご、言い忘れてしまったけれど、
この話を聴いた皆さんが、家に帰ってまた次の誰かに伝えてくれるといいなと、
心から願っています。
この中から、月経アドバイザーを目指してくれる人が出ても嬉しいな、
なんて思っていたのに、すっかり言うのを忘れてしまった。


帰りは、娘が熱を出して学校を休んでいたので、ランチの途中でダッシュ。
でも、ここまで来て、大好きな海に挨拶せずには帰れないので、
少し寄ってから帰りました。
f:id:futtemo:20140222222736j:plain
江の島の海は、わたしにとって大切な海。
ここ数年、誕生日には必ず来ている、特別な海。

まさかここでお話会をできる日が来るなんて。
ありがとうございました。
yucoさん、皆さん、ご縁をつないでくれたママズハグのみんなも。

ママズハグの3人が聴きに来てくれていて、
その顔を見るだけで、なぜか最初から泣きそうでした(笑)

また江の島に来られますように。
f:id:futtemo:20140222222751j:plain