ココカラ堂の主・ママぞうのブログ

心と体の話を聴く場所ココカラ堂の日常、思い。fureruセラピーや月経力、ベビーマッサージの話も。

夢色パティシエールなめたらあかん。

8歳娘がDVDをちまちま借り続けて何年経つだろう。
レンタルDVDはご褒美みたいなものなので、数か月おきにしか借りられないシステム。
それでも継続して借り続けた「夢色パティシエール」がとうとう14巻まで来た。
あと3巻くらいで完結らしい。

これまで一緒に観たこと無かったのだけれど、
さっき初めて少し観てみてびっくりした!

以下、かなりネタバレですが、もう10年くらい前のアニメで、
DVDも全然レンタル中じゃなくて、うちの娘しか借りてないっぽいのによくいつまでも在庫あるなあと感心しているくらいなので、安心して書きます。

お菓子作りが大好きで、
パティシエになることを夢見る若い男女。
仲間がオープンした和菓子店の初日に客として訪れる主人公。
大繁盛の和菓子店だけれど、お客が多すぎて店がまわらない!
ピーーンチ!
材料も足りないし、ホールの接客も間に合わない!

そこで、こども向けのアニメだし、
わたしは当然、主人公がヘルプに入って、問題解決!だと思ったのですよ。

ところが!
主人公は手伝わずに帰る。
「お客さんが来たら来たで問題はあるんだねー」なんて言いながら。

その後、和菓子店にはお客さんが来なくなり、閉店の危機!

そこで、こども向けのアニメだし、
わたしは当然、仲間が力を合わせて、問題解決!だと思ったのですよ。

ところが!
そこで出てきた経営者キャラが失敗の原因を説き始めるのです。
「この店には2つのロスが起きた。
 『チャンスロス』と『廃棄ロス』だ」

そしてそこから、チャンスロスと廃棄ロスに関する説明が始まる・・・

廃棄ロスを避けるために仕入れを控えた結果、
顧客が欲しいものを提供できずさらなるチャンスロスに陥る悪循環とか・・・

なんだこれはー!!!
こども向けアニメじゃなくて、
経営初心者向けアニメではないかー!!!

ジュエルペットなど、他のこどもアニメを見ていても思うのですが、
こども向けだからって、ほんとになめたらあかんですね。

大人の仕事ですから。
いわゆる「子ども騙し」みたいなことばかりをキラキラやっているわけはないですね。
「自分たちが面白いこと」「自分たちが学んできたこと」をがっつり盛り込んでいるんだ作り手は。

テーマは「プロフェッショナル」だそうですよ、このシリーズは。
プロフェッショナルって・・・
小学生の娘よりむしろ、個人事業主のわたしにぴったりだわ。

夢色パティシエール14巻、面白かったです。
次の回も一緒に観てみよう。

 

夢色パティシエール 14 SP(スペシャル)プロフェッショナル [DVD]

夢色パティシエール 14 SP(スペシャル)プロフェッショナル [DVD]