ココカラ堂の主・ママぞうのブログ

心と体の話を聴く場所ココカラ堂の日常、思い。fureruセラピーや月経力、ベビーマッサージの話も。

ココカラ堂の太鼓判。

今年から始まった、ココカラ堂の資格スクール。
「fureruセラピスト」と「月経アドバイザー」

そもそもわたしは個人事業主です。
大きな団体ではありません。
ココカラ堂で資格を取ったからと言って、履歴書に書けたり(書くのは自由ですが)
就職で有利になったりする訳ではありません。

ただ、このわたしが全力でお伝えして、
それが伝わったときに、「オッケー!これで卒業!独り立ちできるよ!」
と、太鼓判を押す。
それが、ココカラ堂の資格なのです。

そんな説明を受講ガイダンスでは必ず最初にお話します。
「ただ、この、みついまみこが、オッケー!と言って、太鼓判を押す。それがココカラ堂の資格です。それ以上でもそれ以下でもありません。太鼓判を押せない人には押さないし、安心して送り出せる人だけを送り出します。就職には役立たないけれど、わたしが太鼓判を押すからには大丈夫!と、これからの活動にそんな自信を付けていただけたら」と。

それを聞いて、
「そんなのいらない」と言うのも、
「それが欲しいんです」と、そう言うのも自由です。

ここをご理解いただいた上で、それが欲しいと言ってくれた人に向けて、
わたしは全力でお伝えするだけです。

そして今、この説明を聞いて納得した上で受講してくれている生徒さんが、
9名いらっしゃいます。

その9名のみんなに、
そしてこれから来てくれるかも知れない誰かのために、
ただの「認定証」という紙切れだけではなく、
堂々と羽ばたいて行ってくれる何かを贈りたいな、と思いました。

そのひとつめは、以前にこちらに書きました。

修了証のデザインを絵本作家の松村真依子さんにお願いしました。 - ココカラ堂の主・ママぞうのブログ

絵本作家・松村真依子さんが描いてくださる認定証。
これは卒業生へのプレゼントです。

そしてもうひとつ。
「ココカラ堂の太鼓判」

その名の通り「太鼓判を押そう」と。
そう心に決めて、オリジナルの大型ハンコを、
友人でアーティスト・kirakiraKAROWAのまりこに依頼しました。

♪ Kira Kira KAROWA ☆ 消しゴムハンコ

「ママぞうからの太鼓判だから、わたしの名前を入れたいな」
「ぞうさんイラストも入れたい」
「でも、まりこらしいキラキラした感性も大切にしたい」
などなど、わたしからの要望に答え、まりこが出してきてくれたラフ案は合計10個以上!

そうやってわたしの好みも取り入れながら、
ついにココカラ堂の太鼓判が完成しました!!

f:id:futtemo:20140428152342j:plain
直径5センチもあります。

愛あるまりこは、
この太鼓判オリジナルハンカチと、
特製引き出しボックスも一緒に送ってくれました。
f:id:futtemo:20140428152402j:plain

この、わたしの気持ちと、まりこの愛がこもった太鼓判。
はじめは認定証に押そうと思っていたのですが、
真依子さんの作品である認定証に押すよりも、
それぞれを大事にしようと考え、
太鼓判は手作りカードで贈ることにしました。

ココカラ堂のカリキュラムでは、
さいごから2回目の授業でスキルチェックをします。
そのスキルチェックに合格した人に「太鼓判」を。
最終授業で行う「自分掘り」を終えた人に「認定証」を贈ろうと決めました。

という訳で、早速「太鼓判」を4名の受講生に贈りました。
f:id:futtemo:20140428152441j:plain
f:id:futtemo:20140428172328j:plain
「もう大丈夫。あなたに太鼓判を押します」
この言葉と共に、どーん!と太鼓判を押し、背中を押します。
さあみんな、この太鼓判を胸に、卒業して羽ばたいてくれーーー!!!!