ココカラ堂の主・ママぞうのブログ

心と体の話を聴く場所ココカラ堂の日常、思い。fureruセラピーや月経力、ベビーマッサージの話も。

仙台の珍味「ほや酔明」と「ばくらい」最高。

仙台出張に行ってきました。
東北新幹線の楽しみと言えば、
何と言っても「ほや酔明」!!
ほやの燻製が、東北新幹線の車内販売で売っています。

これ、東京ではなかなか買えないので。
新幹線に乗らないと買えないなんて、まさに幻の一品です。
(調べたら、池袋にある宮城県のフラッグショップでも手に入るみたいです)
f:id:futtemo:20140919095040j:plain
この写真、右側の小箱が1箱サイズ。
左側の大箱には、小箱が4つ入っています。
どちらのサイズも車内で買えます。

乾いているのに、あの独特の風味がときどき口の中にもわっと広がるんですよね。
不意打ちで「もわっ」がやってくるので、当たりくじを引く楽しみがあって、それもたまらない一品です。

中を開けるとこんな感じ。
箱の裏には「ほやのおはなし」が書いてあります。
ほや愛ですね!
f:id:futtemo:20140919095122j:plain
でも、昼休みに「ほや酔明」を出したら、
4人中2人が「ほやって何ですか」と言っていました。
衝撃。ほやって全員が知っていて、1)好きな人 と2)嫌いな人 に分かれるものだと思っていたから。3)知らない人 もいるのだな。

今回は仙台出張だったので、新幹線車内だけでなく、
仙台駅でもいろいろ「ほや」を買うことができました。
ほや大好き。

まずは「ボイルほや」

f:id:futtemo:20140919095251j:plain

リアルです。テンションあがります。

こんな風に、殻ごと入っていて、

f:id:futtemo:20140919095343j:plain
殻を外して、身だけをもぐもぐ食べます。
f:id:futtemo:20140919095420j:plain
初触感でした。
ほやって、茹でるとこんな味なんだー。
あの独特の風味が減って、食べやすいかも。
1)好きな人 には物足りなくて、
2)嫌いな人 には「これなら食べられるー」とか言われるんじゃないでしょうか。

次に
「ばくらい」と「ほや一夜漬け」

f:id:futtemo:20140919095455j:plain
「ばくらい」は「莫久来」と書くのですね。
「ほや」と「このわた(なまこの内臓)」を塩辛にしたものが「ばくらい」だそうです。珍味界(そんなんあるのか!)で知らない人はいないと言う、珍味界の王様。

友人に勧められて、駅の構内を探し回りましたよ。
全然みつからなくて、買えなかったー、とあきらめたところ、
1番最後、新幹線改札前の売店で売っていました。

今回、初めて食べましたが、
全然くせがなくて、でもものすごくおいしくて、これは最高!!!

次に仙台に行くことがあったら、たくさん買いだめしたいと思います。
でも、消費期限がものすごく短かかった。
冷凍してあって、解凍したらもうすぐ食べろと。
駅で買って持ち帰ったら、自然解凍されてしまうものね。
保冷剤を入れたとしても、すぐ食べられる量しか買えないかな。
そこがまた珍味の珍たる所以ですかねー。

「ほや一夜漬け」は、最近ときどき近所のスーパーでも見かけるようになりました。
ほやの「もわーっ」を感じたければ、これが最も強いです。

「ばくらい」は、磯くさくない。
上品。おいしい。最高。

「一夜漬け」は、磯くさい。
それがたまらん。

どっちがいいかは、お好みですねー。
両方おいしいもん。

とは言いつつ、今回は初めての「ばくらい」が最高すぎたなあ。
思い出してうっとりできるレベル。

この写真、左が「一夜漬け」、右下が「ばくらい」です。

f:id:futtemo:20140919095532j:plain

 家に帰っても買えるのかなあって、
amazon調べてみました。

 わたしが買ったのと製造元は違うけれど、買えるんだな!!!

 ほや酔明、ボイルほや は見つからず。
その代わり、おいしそうなほやがいっぱいあって、やばいです。
むき身冷凍、とか手摘み活ほや、とかマジで。どうしよう。
ああ、礼文島のほや、買いかなー。

 

 

宏八屋 天然ほや(殻むきほや)200g

宏八屋 天然ほや(殻むきほや)200g