ココカラ堂の主・ママぞうのブログ

心と体の話を聴く場所ココカラ堂の日常、思い。fureruセラピーや月経力、ベビーマッサージの話も。

耳の奥の感覚と、9歳娘の説得力。

10日ほど前から、左耳の調子がわるいのです。
中学生の頃から耳かきが大好きで、趣味は、耳かきおよび耳かき棒の収集。
もうかれこれ何十年も毎日耳を掻いてきました。でも、これまで1度も耳穴のトラブルにはなったことがなかったのです。(皮膚が弱いのでピアス穴トラブルはしょっちゅうある)

なのに、10日ほど前から、左耳の穴から汁が出る。痛い。詰まって聞こえづらい。数日経っても治らない。

という訳で、先週から耳鼻科に通院している訳ですが。
外耳道炎でした。
先生曰く「すぐ治るよ」「すぐ乾くよ」
のはずなのに、なかなか治らない。

でもね、「すぐ」って、人によって解釈が違いますから。
わたしの「すぐ」は2~3日だったのですが、
先生の「すぐ」は2~3週間だったかも知れない。
1週間治らないからって、悲観していてはいけない。

ただ、10日も耳が聞こえづらいと、だんだんがっくりしてきます。

もともと耳かき大好きなわたしですから、
耳かきや綿棒がNGでも、ティッシュのこよりならいいだろうと、
耳に点耳薬をさして、しっとりさせたあとで、
ティッシュを細ーくこよって、奥まで入れるわけです。

そうすると、ティッシュの先に膿が付いてくるんですね。
その度に、「はあ・・・まじめに抗生剤飲もう」と、珍しくお薬をちゃんと1日3回飲んだりして。

でも治らない。
10日経っても治らない。
むしろ、10日目の昨日が1番聞こえない。

で、9歳娘にぼやいたわけです。
「もう、ママの耳は治らないかも知れない。先生がすぐ治るって言ったのに、10日目の今日が1番聞こえない。どんどんひどくなっている」と。

そしたらね、娘に言われました。
「今日が1番聞こえないってことは、今日がピークなんでしょ。
じゃあ、明日からは良くなるね」と。

ほわっ。
こんな良いこと言うのは誰の子でしょう。

思わず「そ、そうだね。あ、明日からは良くなるね。きょ、今日がピークだもんね」
と、ぎこちなくオウム返ししてしまいましたよ。

そしたらね、
今朝起きたら、ほんとに良くなってるの。
びっくりしちゃった。

耳の奥が、乾いているのがわかる。

娘、すごいなあ。
と思うと同時に、
ああ、耳の奥の感覚までわかるものなのだなあ、と。
自分の感覚の繊細さに思わず唸りましたよ。

痛いとか、大きなタイプの感覚はともかく、
湿っているか、乾いているか。
それがわかるんだなあ、と。

耳の奥の感覚なんて、普段は気にも留めないけれど、
人間はちゃんと感じられるものだなあ。

耳が治ったあとの日常でも感じられるくらい、繊細に丁寧に生きていきたいものです。